発言数 514
表示
時刻 メッセージ
00:01:54
mutsuki_10
「こんにちは、初めまして。私、フランス軍属心理カウンセラーの三笠ムツキと言います。武田さんが極めて特殊なケースに遭遇されたという事で、こちらの院長先生に相談を受けまして、こうして伺わせていただいた次第です」深々と礼/
00:03:44
GM20
連司「あ、はい」
00:03:46
GM20
【イメージ:爽やかなイケメン(山本匠馬 http://www.yamamotoshouma.com/photo.html )】
00:03:46
Toybox
FetchTitle: 山本匠馬 オフィシャルサイト
00:03:59
GM20
かなり戸惑っています/
00:06:43
mutsuki_10
「大変な目に合われたみたいですね。でも私が来たからにはもう安心ですよ」微笑みながら、かわいらしくエヘンと胸を張ります/
00:07:46
GM20
連司「ええ、よろしくお願いします。もう心も体もボロボロで、どちらも癒してほしいなあ」/
00:11:08
mutsuki_10
「もちろんです!」両手を包み込むようにぎゅっと握り「とりあえず、貴方の口から、いったい何が起こったのか話していただけませんか?」/
00:13:27
GM20
ムツキの言葉に、連司が震えだします。
00:13:35
GM20
連司「ああああああああああああ」
00:14:03
GM20
目が虚ろになります/
00:17:17
mutsuki_10
そのままぎゅっと抱きしめて「大丈夫、ボクがついてます。ごめんなさいね、いやな事を思い出させちゃって。大丈夫、大丈夫だから…」とあやしながら、彼に起こった事、その記憶を直接読み取ります/
00:18:53
GM20
連司「ああああああああああ」
00:20:01
GM20
【情報判定>情報収集】を開始します
00:20:06
GM20
00:26:03
mutsuki_10
「大丈夫、貴方は大丈夫だから」とぎゅっと抱きしめ、頭をポンポンとあやしながら、武田さんの記憶を読み取ります。その際、一番の心傷の原因となっているだろう最終的な”行為”については、巧妙になかった事にすり替えます。能力432。弱点指定なし/
00:28:28
GM20
では、NPC0で、+9でどうぞ/
00:29:10
mutsuki_10
2d6+9 ストロベリーフラペチーノパワー!
00:29:10
Toybox
mutsuki_10 -> 2d6+9 = [1,5]+9 = 15
00:29:35
GM20
【回想】3 自分の経験したことを話す。
00:29:35
GM20
連司「俺はモテルからね、多くの女に愛を与えてきたけど」
00:29:35
GM20
連司「まさか、男に求愛されるなんて、しかもあんなマッチョに」
00:29:35
GM20
連司「……しかも、俺の処女を奪われてしまった……」
00:29:36
GM20
 泣き出します。
00:29:38
GM20
連司「どうしようもなかった。あの奇妙な投げキッスを受けて身動きがとれなかった」
00:29:41
GM20
連司「抵抗はした。したけどダメだった」
00:29:43
GM20
【追憶】7 さらに深い内容
00:29:45
GM20
連司「あいつが身動きとれない俺にゆっくりと近づいてきた」
00:29:48
GM20
連司「あの時の、血走った眼と舌舐めずりする姿をみて、もう俺はダメだと思った」
00:29:51
GM20
連司「あのドリルを下半身にぶちこまれる寸前、金縛りがとけて反撃した」
00:29:54
GM20
連司「あの体だからほとんどダメージを負ってないようだった」
00:29:57
GM20
連司「逆に拳で俺はぼこぼこに殴られた」
00:29:59
GM20
連司「そのまま、……俺の穴が、……指で」
00:30:01
GM20
連司「アレじゃなかっただけ、よかったが」
00:30:03
GM20
【疑問】11 自分の疑問を語る
00:30:05
GM20
連司「そういえば、なんでドリルを使わなかったんだ?」
00:30:08
GM20
連司「噂じゃ、みんなそれで掘られているのに」
00:30:10
GM20
【思考】15 自分の推理を披露する。
00:30:12
GM20
連司「反撃できたことがよかったのか」
00:30:14
GM20
連司「あまり効いていなかった感じだったけど」
00:30:16
GM20
***シーン 千夏恵***
00:30:18
GM20
どうします?/
00:32:50
Chikae_10
魔力付与したリラックスのできる香りの香水つけて、鮫島里佳子さんの家へ/
00:34:51
GM20
はい。
00:35:20
GM20
かなり高級なマンションですね。/
00:36:13
Chikae_10
マンションだと一階のフロアで呼び出しぼたんかな?とりあえずピンポン/
00:38:26
GM20
すると、インターホン越しに「なんでしょうか?」と感情のこもっていない声が聞こえます/
00:39:31
Chikae_10
「鮫島さんですか?いま、無差別に人を襲っている化物の調査をしている探偵です、七種千夏恵といいます」
00:39:57
Chikae_10
「鮫島さんも被害に合われたとか、良ければお話きかせてもらえませんか?」/
00:42:47
GM20
里佳子「・・・・・」
00:43:02
GM20
里佳子「いいわ。あがって」
00:43:08
GM20
鍵があきます/
00:43:18
Chikae_10
では上がります/
00:44:29
GM20
では、里佳子がドアをあけ、豪華な居間へ通されます。
00:44:42
GM20
【イメージ:美麗な女性(松野井雅 http://geiei.co.jp/talent/matsunoimiyavi/ )】
00:44:42
Toybox
FetchTitle: 松野井 雅 – 芸映プロダクション
00:44:57
GM20
【イメージ:美麗な女性(松野井雅 http://geiei.co.jp/talent/matsunoimiyavi/ )】/
00:44:57
Toybox
FetchTitle: 松野井 雅 – 芸映プロダクション
00:45:11
GM20
里佳子「どうぞ、適当にすわって」/
00:45:30
Chikae_10
「それでは失礼して」ソファに座ります
00:46:25
Chikae_10
「では不躾ですが、鮫島さんは襲われたそうですけど他の方に比べあまり動揺されてないように聞き及んでいます」
00:46:50
Chikae_10
「何か他の方と変わった所あったのかなとおもいまして」
00:47:09
Chikae_10
「なにか、心当たりありますか?」/
00:47:52
GM20
里佳子「なぜ、それを話さないといけないの?」/
00:49:01
Chikae_10
「警察とかからあの化物を倒すように依頼されてるんですよ、あの手の怪物は何か特定の条件を満たすと力が使えなくなったりするんです」
00:49:34
Chikae_10
「なので関わりがあった方からヒントを得ようとしているんです」
00:50:13
Chikae_10
「なぜはなさなければならないかは、被害の拡大を防ぐため、では不十分ですか?」/
00:51:10 mutsuki_10mutsuki_8
00:51:53
GM20
里佳子「私は特にそれほど被害にはあっていないわ」
00:52:11
GM20
淡々と/
00:53:30
Chikae_10
「そうなんですか? 被害に合わない方法があるなら知りたいところです、金銭的な謝礼が必要でしたらお渡しできますが?」/
00:55:36
GM20
里佳子「お金なら間に会っているわ」部屋をぐるりと見ながら/
00:56:10
Chikae_10
「そうみたいですね」苦笑し/
00:57:21
Chikae_10
「んー、ご職業と何か関係あったりします? 被害に合わなかった理由」/
00:58:43
GM20
里佳子「知らないわよ、彼に聞いて」/
00:59:36
Chikae_10
「なんとか、どういった状況だったか教えてもらえませんかね、人助けだと思って」/
01:00:24
GM20
里佳子「……いいわ、このまま、しつこくされても嫌だし」
01:00:58
GM20
【情報判定>情報収集を開始します】/
01:01:46
Chikae_10
能力4 魔力付与した香りでリラックス 能力3 彼女はきっとヒントに繋がることを言ってくれる 能力2彼女から不信感などを取り去って話しやすく 能力1香水はバッグから出したもの
01:02:21
Chikae_10
使用1234 「ヒント分かったら退散しますんで」/
01:04:09
Chikae_10
弱点予測は無しで/
01:05:15
GM20
では、NPC0で+10でどうぞ/
01:05:23
Chikae_10
2d6+10
01:05:24
Toybox
Chikae_10 -> 2d6+10 = [2,2]+10 = 14
01:05:30
Chikae_10
でめぇ!
01:05:32
Chikae_10
01:05:47 Chikae_10Chikae_7
01:06:08
GM20
【回想】3 自分の経験したことを話す。
01:06:08
GM20
里佳子「仕事帰り、あの人に会った」
01:06:08
GM20
里佳子「野生の獣のようにギラギラしていた」
01:06:08
GM20
里佳子「店にくる客のように」
01:06:08
GM20
里佳子「だから、普通に接してあげた」
01:06:09
GM20
里佳子「ただそれだけよ」
01:06:10
GM20
【追憶】7 さらに深い内容
01:06:12
GM20
里佳子「投げキッスも受けたけど、特に何もなかったわ」
01:06:15
GM20
里佳子「体も自由に動けたし」
01:06:17
GM20
里佳子「そのあと、野外ではあったけど、愛し合ったわ」
01:06:20
GM20
里佳子「あのドリルはちょっと痛かったけど、私的には悪くはなかった」
01:06:23
GM20
里佳子「しばらくは仕事はできないけど」
01:06:25
GM20
里佳子「本番行為はなかったわ」
01:06:27
GM20
里佳子「でも、彼はとても満足そうで」
01:06:29
GM20
里佳子「私も満足だったわ」
01:06:31
GM20
【疑問】11 自分の疑問を語る
01:06:33
GM20
里佳子「どうでもいい話だけど、なぜ金縛りをうけなかったのかしら」
01:06:36
GM20
里佳子「特に何もしていないけど」
01:06:38
GM20
***シーン 辰也***
01:06:40
GM20
どうします?/
01:09:18
Couger_7
腹部の傷の応急処置を済ませてから何とか海から這い出て、駅前に停めた相棒に乗り教会に帰りながら先ほどの魔獣との戦いを想起する/
01:09:59
GM20
はい。といっても目をつぶっていたので、あまり情報はないですが/
01:12:21
Couger_7
(情けねぇ!あの野郎に負けたばかりか、弱点の手がかりもわからねぇ!)
01:13:29
Couger_7
(これは他の2人任せるしかねぇな)と肩を項垂れながらもそのまま教会に戻って行く/
01:14:14
GM20
ほい、まだ2人は戻っていないようです、どうします?/
01:15:09
Couger_7
(でも、あの2人に任せっぱなしじゃあ俺の立つ瀬がねえ)
01:16:12
Couger_7
(何とかしてあいつの弱点を探らねえと・・・)と考え邪力の解析を行おうとする/
01:16:59
GM20
【情報判定>邪力解析】を行います。
01:20:17
Couger_7
情報収集をしている2人と連絡を取り、その中から重要そうな事柄を声に出し、情報を整理する 能力4
01:20:57
Couger_7
邪力推測は、魔獣の邪力は投げキッスで相手の動きを止める能力である
01:21:27
Couger_7
そして、魔獣の弱点は魔獣の目を見る事である/
01:23:02
GM20
では、【情報判定>情報交換】ということで
01:25:21
GM20
弱点+2
01:25:23
GM20
【直感】3 邪力の推測があっているか、否か
01:25:23
GM20
【模倣】7 推測していた弱点を封印したロールとしてシュミレートする。
01:26:34
GM20
おそらく、里佳子の話からして、見つめると金縛りにならないようだ。
01:26:38
GM20
01:26:55
GM20
時間です。
01:27:07
GM20
***シーン ムツキ***
01:27:29
GM20
連司「これが俺がやられたことが」
01:27:40
GM20
連司「この俺が、男に・・・・」/
01:30:51
mutsuki_8
「いいえ。貴方は寸前で逃げてきたんですよ?それに、よく思い出して下さい。相手は本当に男でしたか?あなたは反撃した時、相手のどこを殴りました?胸を殴ったんじゃないですか?」
01:32:53
mutsuki_8
「女性である相手の胸を殴ったから、そいつはひるんだんじゃなかったですか?」優しく抱きしめ、微妙に記憶操作を行いながらながら問いかけます/
01:35:15
GM20
連司「確かに胸も叩いた。でも硬かった、筋肉で」
01:35:57
GM20
連司「ありがとう、俺、男だったのに、感じてしまったんだ。俺、男なのに」泣きじゃくります/
01:39:06
mutsuki_8
「別に男だからとか女だからとか、関係ないですよ。ちゃんと排泄できるように人間の身体はそういう風にできてるんです」「反撃は、他にどこに当たりました?例えば股間とかおしりとか…」/
01:40:02
GM20
連司「ああ、蹴りが股間にはいったよ、硬かったけど、あまり大きくなかった」/
01:43:05
mutsuki_8
「"それ"を、詰ったりしましたか?」「反撃しながら何か悪口叫んだとか?」/
01:47:44
GM20
連司「そんな余裕はなかったよ、貞操のピンチだったし」
01:48:32
GM20
連司「ねえ、俺を”男”にしてくれよ」/
01:50:59 _6_Mahirukuro
01:51:17
mutsuki_8
「こんなところで、、ですか?///」「もう、、仕方ないですねえ…」
01:53:39
mutsuki_8
という訳で、病室には一通り人払いをかけ、彼が願う通りの展開を一晩、幻覚(VR)で叶えてあげる設定をしてからそっと教会に戻ります。/
01:54:28
GM20
ほい/
01:56:01
GM20
時間です
01:56:16
GM20
***シーン 里佳子***
01:56:23
GM20
里佳子「これでいい」
01:56:30
GM20
めんどくさそうに/
01:56:59
Chikae_7
「ちなみに、男性嫌いだそうですけど、嫌じゃなかったんですか?」/
01:59:08
GM20
里佳子「嫌いよ、でも、彼は寂しそうだったから、テクニックもすばらしかったしね」/
02:00:04
Chikae_7
「そうですか、ならまあ良かったです、ありがとうございました」
02:00:34
Chikae_7
二人に連絡とって情報交換判定がしたいです
02:01:31
Chikae_7
02:01:47
GM20
【情報判定>情報交換】を行います/
02:02:55
Chikae_7
では近所にたまたまあったパワースポットで休憩しながら考えをまとめる 3使用
02:03:18
Chikae_7
弱点予測:魔獣の股間のモノを攻撃する/
02:06:20
GM20
【直感】3 邪力の推測があっているか、否か
02:06:20
GM20
【模倣】7 推測していた弱点を封印したロールとしてシュミレートする。
02:06:54
GM20
連司の行動からして、おそらくそれが正しいのではないかと思います/
02:07:37
Chikae_7
「よし、多分あってる」/
02:07:45
Chikae_7
ではシーンパスで
02:07:51
Chikae_7
02:13:05
GM20
***シーン ムツキ***
02:13:08
GM20
どうします?/
02:15:03
mutsuki_8
では教会に戻って二人が帰ってきてから話を整理して「情報交換」します/
02:15:23
GM20
【情報判定>情報交換】を開始します/
02:17:51
mutsuki_8
「…なるほど。大分見えてきましたね…ところで」
02:19:50
mutsuki_8
「カメラ越しに目を見ても弱点は成立する」んでしょうか。電脳による解析能力4/
02:21:34
GM20
では、弱点-2 補正+1で、+3でどうぞ/
02:21:49
mutsuki_8
2d6+3
02:21:49
Toybox
mutsuki_8 -> 2d6+3 = [5,5]+3 = 13
02:23:24
GM20
【直感】3 邪力の推測があっているか、否か
02:23:24
GM20
【模倣】7 推測していた弱点を封印したロールとしてシュミレートする。
02:23:24
GM20
【疑問】11 邪力に対する疑問
02:24:20
GM20
相手を見ると言う行為は、機械をとおしてでは概念的には違うような気がします。
02:24:35
GM20
■□■集合フェイズ■□■
02:24:35
GM20
時間:15分
02:24:35
GM20
目的:PCが集合し、魔獣のいる場所に向かう。
02:28:05
mutsuki_8
「という事で対策は大体出そろったと思いますが…改めて考えてみると、少し可哀相な人ですね」/
02:28:31
Couger_7
「・・・」教会の椅子に突っ伏し、ずぶ濡れになりながら項垂れる彼の姿に先程の覇気は見られない/
02:28:36
Chikae_7
「さてと、弱点は大丈夫だとして、あの魔獣元は誰なのかな?」/
02:30:02
mutsuki_8
「自分を受け入れる事が出来なかった、誰にも受け入れてもらう事が出来なかったどこかの誰か」
02:30:29
mutsuki_8
「……でいいんじゃないかな…」
02:31:37
mutsuki_8
「どこの誰でも、もうボク達には"彼"を倒すしか選択肢はありませんし」少し寂しげに/
02:31:50
Chikae_7
「そうだね」/
02:31:55
Chikae_7
「辰也、消耗しているみたいだけど大丈夫?はい、タオル」バッグからタオルを取り出して渡す/
02:32:23
Couger_7
「全く、情けねえったらありゃしねえ!俺は・・・あいつへの迷いを振り払えずに無様に負けて!」
02:32:31
Couger_7
「挙句の果てにあんた達に頼りっぱなしだ!」
02:33:20
Couger_7
「体もいてえが、今は自分の情けなさが身に染みるぜ・・・!」と悪態をつく/
02:33:26
Chikae_7
「いえ、魔獣と戦ってくれるだけ頼もしいよ」/
02:33:51
mutsuki_8
「ん?辰也さんはこれから活躍してくれるんでしょ?」
02:36:09
mutsuki_8
「へーきへーき。騎士(フレンズ)によって得意な事は違うから!」当たり前のように微笑みかけます/
02:36:30
Couger_7
「・・・わりい、ガラにも無く悲観的になっちまった」
02:36:34
Couger_7
「そうだな、俺にやれることは、『ダチ』を信じて一緒に戦う事だ」
02:37:00
Couger_7
「それ覚悟に迷いが有っちゃあいけねえよな!」/
02:37:50
Chikae_7
「そうそう、辰也は熱血だね。そのほうがにあってるよ」/
02:38:00
mutsuki_8
「うんうん、じゃあ、今日ももみんなで!」
02:38:14
mutsuki_8
「生き残りましょう!!」/
02:38:30
Chikae_7
「うん!」/
02:38:39
Couger_7
「ああ、馬鹿だからこそ。俺はあんた達を、『ダチ』を信じる!」
02:38:50
Couger_7
「気合い入れていくぜ!!」/
02:44:39
GM20
***幕  間***
02:44:39
GM20
リッキー「……」
02:44:39
GM20
インドラ「どうしたんだよ、今までみたいに自慢げに魔獣を語らないのか? まあ、気持ちはわかるが」
02:44:39
GM20
ユーグ「ユニークではないか、吾輩の魔獣にしたかったよ」
02:44:39
GM20
インドラ「ほら、ほめてくれているぜ」
02:44:40
GM20
リッキー「こんな風になるなんて思ってなかったんだ」
02:44:43
GM20
インドラ「中二病つきぬけているからな」
02:44:47
GM20
■□■戦闘フェイズ■□■
02:44:49
GM20
時間:なし
02:44:51
GM20
目的:魔獣と戦うこと
02:44:55
GM20
***準備シーン***
02:44:57
GM20
辰也からどぞ/
02:46:50
Couger_7
(もう迷わねえ・・・俺とダチの大切な物を守る為に!)そう誓いながら両拳ボロボロのバンテージを巻き付ける/
02:47:54
GM20
ではムツキ/
02:50:47
mutsuki_8
今回は生身で。武器は対魔獣用マシンピストルとダガー「守って、くれるんですよね。よろしく、お願いしますね♪」小首傾げ信頼と満面の笑みを辰也さんに向けながら/
02:51:44
GM20
では、千夏恵
02:51:49
GM20
02:52:03
Chikae_7
魔獣周辺の住民の避難要請をお願いして、以上です/
02:52:56
GM20
では
02:53:19
GM20
準備はOK、魔獣は高級ホテルの最上階にいるようです/
02:53:48
Chikae_7
ではのりこめーしますか/
02:54:39
mutsuki_8
「了解です」/
02:55:27
Couger_7
2人の先頭に立って真っ先に乗り込む/
02:57:35
GM20
では、警察の協力もあって、人払いされ、誰もいないガランとしたロビー
02:58:04
GM20
エレベーターが降りてくることに気付きます/
02:58:20
Chikae_7
「なんかきた」/
02:59:41
Chikae_7
「そのままエレベータを見守ります」/
02:59:57
Chikae_7
あ、カッコ無しで/
03:00:08
mutsuki_8
同じく/
03:00:51
GM20
では、エレベーターが開き
03:01:02
GM20
中から一人の女性が姿を現します。
03:01:07
GM20
里佳子ですね/
03:01:43
Chikae_7
「里佳子さんどうしてここへ?」/
03:02:51
GM20
里佳子「私が、私の友達とあっていてもなんも問題はないでしょ?」/
03:03:19
Chikae_7
「そんなに、彼のこと気に入ったの?」/
03:03:49
GM20
里佳子「ええ、悪い?」/
03:04:31
Chikae_7
「できれば他の人襲わないように最初からあなたとくっついててくれればよかったんだけどね‐」/
03:05:54
GM20
里佳子
03:06:15
GM20
里佳子「残念ながら、私は彼の友達であって、恋人ではないわ」/
03:07:18
Chikae_7
「そうなんだ」/
03:08:27
GM20
里佳子「じゃあね」
03:08:46
GM20
里佳子は去っていきます/
03:09:03
Chikae_7
GM、彼女から邪力は?/
03:11:15
GM20
残り香てきなものは感じますが、自ら発しているものはありませんよ/
03:11:47
Chikae_7
じゃあ普通に見送ってエレベータで魔獣のもとに向かいます
03:11:49
Chikae_7
03:13:13
GM20
では、最上階のスイートルーム
03:13:36
GM20
ソファーに座ってキョウヤが待ち構えています。
03:13:46
GM20
キョウヤ「やあ、待っていたよ」/
03:13:59
Chikae_7
「3人できたわ」/
03:14:49
Couger_7
「もう二度と会いたくは無かったけどよ」と悪態をつきながら/
03:16:01
mutsuki_8
とりあえず無言でペコリと挨拶します/
03:16:23
GM20
キョウヤ「俺も別にお前に再会したかったわけじゃない」
03:16:28
GM20
といって、千夏恵を見る
03:16:52
GM20
キョウヤ「お前はとても美味しそうだ」目がギラギラしています/
03:17:09
Chikae_7
「ん?・・・・・・・あー」
03:17:47
Chikae_7
「言い寄られても困るんだよね、私をあげる人は一人だし」/
03:18:16
Chikae_7
「というわけで諦めて倒されてください」/
03:19:43
GM20
キョウヤ「いやだね、俺はまだ食い足りないんだ、女を。そして男も」
03:19:56
GM20
キョウヤ「もっと俺は愉しみたいんだ」
03:20:05
GM20
キョウヤ「そのために得た力だ!」/
03:20:45
mutsuki_8
「そうですか…最後に一つ、いいですか?」/
03:21:01
Chikae_7
「あーもう、普通に風俗とか言ってればよかったじゃないですか魔獣にならなくったって」/
03:24:45
GM20
キョウヤ「満足できなかったんだよ」
03:25:02
GM20
キョウヤ「なんだ?
03:25:16
GM20
>ムツキ/
03:29:54
Chikae_7
「じゃあしょうがない・・・か」ちょっと悲しそうな感じで/
03:30:46
mutsuki_8
「さっきすれ違った里佳子さんも、そして武田さんすら」
03:31:24
mutsuki_8
「"気持ち良かった"って言ってるんですよね」
03:32:27
mutsuki_8
「そして今貴方は"風俗で満足できなかった"とも言った」
03:35:02
mutsuki_8
「ボクには、貴方の掲げるその欲望が、表面的な乱暴さとは裏腹に、少なくとも貴方の中では愛情で裏打ちされているようにしか」見えないんですが。違いますか?」/
03:36:42
GM20
キョウヤ「さあな、人の気持ちなんて、そんな簡単なもんじゃないだろ」
03:37:40
GM20
キョウヤ「そもそも、俺は常に全身全霊愛しているつもりだぜ。なんなら、君もその愛を感じてみるかい?」/
03:38:29
mutsuki_8
「そうですね。貴方が魔獣にさえならなければ、それも良かったかも知れません」
03:40:36
mutsuki_8
「でも、貴方は魔獣になってしまった。魔獣にさえならなければ、例えばこの千夏恵さんと、美冬さんのような未来を築ける相手と出会えたかもしれなかったのに」
03:40:59
mutsuki_8
「……あなたはそうならなかった」
03:42:18
mutsuki_8
「だからボク達は、あなたが魔獣であるというその一点だけを理由に、貴方を倒します」
03:44:06
mutsuki_8
「最後にお聞きします。ボク達が戦う貴方は、本当に"キョウヤ"さんでいいんですか?」
03:45:50
mutsuki_8
「これからボクが、どんなセックスよりも濃い命のやり取りを交わす事になる貴方を呼ぶ名前は、本当に"キョウヤ"さんでいいんですか?」/
03:46:28
GM20
キョウヤ「命のやりとりなんてしたくないんだけどな」
03:47:25
GM20
キョウヤ「命のやりとりよりセックスのほうが濃くて楽しいぜ」
03:48:09
GM20
キョウヤ「名前なんてどうでもいいが、俺がキョウヤなのは間違いないぜ」
03:49:27
GM20
キョウヤ「しかし」
03:51:25
GM20
キョウヤ「男はともかく、里佳子には魔獣になる前に会いたかったよ」
03:51:32
GM20
キョウヤ「いや、無理だな」
03:51:52
GM20
キョウヤ「俺の欲望は、愛は、彼女一人だけでは抑えきれない」
03:52:04
GM20
キョウヤ「抑えきれないんだああああ!」
03:52:10
GM20
吼えます/
03:52:35
Chikae_7
「抑えられなくても襲っちゃダメでしょ」
03:52:43
Chikae_7
武器構えます/
03:53:17
mutsuki_8
「うん、そういう人も騎士として元気にやってらっしゃいますよ?」
03:53:36
mutsuki_8
「でもあなたは間違えた」
03:54:33
mutsuki_8
「だからボク達は、魔獣となった貴方、キョウヤさんを倒します」/
03:55:06
Couger_7
魔獣の言葉に煮えたぎる怒りを左拳を握りしめて抑え
03:55:06
Couger_7
「『キョウヤ』・・・ふざけた態度のお前を見て久々に俺はキレちまった・・・」
03:55:06
Couger_7
「怒りのままに戦ったが故に迷い、お前に負け、目の前の奴すら守れなかった!!」
03:55:06
Couger_7
「だからこそ俺は―もう迷わねえ!俺とダチの譲れない物の為に!!」
03:55:06
Couger_7
「その上で、『俺達』がお前をぶっ飛ばし、お前の腐った根性を真っ向から叩きのめす!」
03:55:09
Couger_7
「この俺がやられたまま引き下がるなんて死んでもごめんだ!!」と上半身に着ているずぶ濡れのジャケットとカッターシャツを勢い良く脱ぎ捨てる
03:55:13
Couger_7
「もう言葉はいらねえ・・・さあやろうぜ!『俺達』の喧嘩をよ!!」
03:55:16
Couger_7
そう言い終わると同時に魔獣の前に立ち右手を上に掲げ、人差し指から小指へと順に指を閉じ、最後に親指を閉じて魔獣に拳を突き出す/
03:57:02
GM20
キョウヤ「いいだろう」
03:58:34
GM20
キョウヤ「俺は魔獣になって、本当の俺を手に入れた」
03:58:52
GM20
キョウヤ「否定されるのはわかっている、うとまれるのも、抵抗されるのも」
03:58:55
GM20
キョウヤ「だから」
03:59:14
GM20
キョウヤ「せいいっぱい、あがなってやる!」
03:59:19
GM20
イニシアチブです。
03:59:26
GM20
2d6
03:59:26
Toybox
GM20 -> 2d6 = [1,6] = 7
03:59:29
Couger_7
2d6
03:59:29
Toybox
Couger_7 -> 2d6 = [5,3] = 8
03:59:34
mutsuki_8
2d6
03:59:34
Toybox
mutsuki_8 -> 2d6 = [6,2] = 8
03:59:40
Chikae_7
2d6
03:59:41
Toybox
Chikae_7 -> 2d6 = [5,2] = 7
03:59:52
GM20
***第1ラウンド***
04:00:23
GM20
GM20 千夏恵7 辰也7 ムツキ8
04:02:52
GM20
では、ムツキどうぞ/
04:04:21
mutsuki_8
「いえ。貴方を否定し、うとみ、拒絶し、抵抗していたのは、他でもないあなた自身です」
04:05:58
mutsuki_8
「あなたは拒絶される事におびえ、本当の自分におびえ、魔獣と言う虚飾に手を染めてしまった」
04:06:11
mutsuki_8
「……可哀相な人」
04:09:22
mutsuki_8
という訳で、キョウヤの目をまっすぐに見据え、魔獣である事以外の彼の全てをありのまま受け入れた上で弱点である股間を射撃します。ジャンヌの電脳による補正、シンクロ。何よりも世界を守るために。能力432/
04:10:04
GM20
ほい、応援は?/
04:10:09
Couger_7
します/
04:10:19
Chikae_7
します/
04:10:52
Chikae_7
可能性のバッグからレーザーポインタ取り出し、魔獣の目をしっかり見つつ、魔力付与して魔獣の股間にレーザー攻撃 能力4/
04:10:59
Couger_7
「もう俺は同じ過ちは犯さねえ!」
04:10:59
Couger_7
「お前のその歪んだ感情を、全て受け止めてみせる!!」
04:10:59
Couger_7
「俺の覚悟、決意を受け止めてみせろ!!!」と言って魔獣を睨みつけて視界から逃さずに
04:10:59
Couger_7
軽やかなフットワークでジャブやフック、様々なパンチを交え牽制する 能力4
04:11:02
Couger_7
04:12:52
GM20
では、+17でどうぞ/
04:13:18
mutsuki_8
2d6+17 アメリカンチェリーパワーっ!
04:13:18
Toybox
mutsuki_8 -> 2d6+17 = [3,5]+17 = 25
04:15:14
GM20
手に形成したドリルは股間に攻撃があった瞬間に消滅します。
04:15:20
GM20
邪力12
04:15:37
GM20
鍛え抜かれた魔獣の体で攻撃を受け止める。
04:15:53
GM20
6+2d6
04:15:53
Toybox
GM20 -> 6+2d6 = 6+[4,6] = 16
04:16:15 GM20GM10
04:16:21 Chikae_7Chikae_6
04:16:22 Couger_7Couger_6
04:16:28 mutsuki_8mutsuki_6
04:16:43
GM10
キョウヘイ「俺のドリルがああああああ」
04:16:52
GM10
04:18:14
mutsuki_6
「そんなものなくったって、キョウヘイさん、貴方をそのまま受け入れてくれる人はいたのに…」/
04:20:23
GM10
では、辰也です。/
04:20:41
Couger_6
「そんな歪んだ力じゃあ『俺達』は止めらんねえぞ!!」
04:20:41
Couger_6
「この俺の全身全霊!出任せじゃあない、本当の『必殺技』だ!!」
04:20:41
Couger_6
「これが!これだけが!!俺の!!!自慢の拳だあーーーーーー!!!!」
04:20:41
Couger_6
「借りは返すぜ!久賀原流喧嘩殺法その5【怒羅言・刃威流】(ドラゴン・パイル)!!!!!」
04:20:42
Couger_6
(今はただ、この拳を『キョウヤ』にブチ当てる事だけを考えろ!!)
04:20:45
Couger_6
愚直に走り、『キョウヤ』の視界から目を逸らさず、
04:20:47
Couger_6
一切の躊躇なく振るう左ストレートは、正に相手を地に突き刺す龍の杭!!
04:20:50
Couger_6
その杭は、『キョウヤ』の股間に寸分違わず叩き込まれる!!! 能力1234/
04:21:47
GM10
ほい、応援は?/
04:21:58
Chikae_6
応援しますー/
04:22:20
mutsuki_6
します/
04:23:43
Chikae_6
レーザーポインタに、魔獣の目をしっかり見つつ、魔力付与して魔獣の股間にレーザー攻撃 能力4/
04:25:30
GM10
ほい/
04:30:12
mutsuki_6
改めて周囲をスキャンしムツキたちと魔獣以外の、魔獣の集中、視線を逸らすものがいないか確認。外からの干渉が入らないよう、私たち以外の存在を認知できないよう魔獣の神経に働きかけます
04:30:28
mutsuki_6
能力4/
04:32:57
GM10
では+18で振ってください/
04:33:00
Couger_6
18+2d6 抹殺のラストブリット!!!
04:33:02
Toybox
Couger_6 -> 18+2d6 = 18+[5,6] = 29
04:36:46
GM10
キョウヘイ「凄い熱い想いだな」
04:37:06
GM10
キョウヘイは投げキッスする。
04:37:53
GM10
そのキッスが突進する辰也に触れる寸前、キョウヤは拳を振るう、床へと
04:38:12
GM10
衝撃でコンクリートが悲惨し、二人の間の視界を遮る。
04:38:29
GM10
その瞬間、辰也の動きが鈍る。
04:38:54
GM10
鈍りながらも、辰也の繰り出す拳
04:39:12
GM10
それは確実にヒットする。
04:39:13
GM10
だが
04:39:28
GM10
あるはずの手ごたえがなかった。
04:39:39
GM10
コトン
04:40:22
GM10
棒状の何かが落ちる、それはプラスチックでできたピンクの棒であった。
04:40:30
GM10
そして
04:40:35
GM10
キョウヤ「おおおお」
04:40:54
GM10
彼女の拳が辰也の顔面に襲い掛かる。
04:41:14
GM10
邪力12 裏技 邪力34
04:44:25
GM10
20+2d6 いあいあはすたー いあいあはすたー いあいあはすたー
04:44:25
Toybox
GM10 -> 20+2d6 = 20+[2,1] = 23
04:44:53 GM10GM1
04:45:00 Couger_6Couger_3
04:45:15 mutsuki_6mutsuki_5
04:46:06
GM1
では、形成されるドリルよりも先に、左ストレートのパワーのほうがかつ
04:48:07 Chikae_6Chikae_5
04:48:46
GM1
そのまま、宙を舞い、天井に突き刺さる。
04:48:49
GM1
04:49:13
Couger_3
「はぁ・・・はぁ・・・なんだよ、ふざけた野郎なりにやれば出来るじゃねえか・・・!」
04:49:18
Couger_3
「けどな・・・この喧嘩はてめえの負けで!『俺達』の勝ちだ!!」/
04:54:12
GM1
キョウヤ「まだだ」
04:54:41
GM1
キョウヤ「まだだああああ」
04:54:55
GM1
右手の周囲にドリルができます。
04:55:12
GM1
(あ、ピンクの棒を破壊すると消えます)
04:55:36
GM1
キョウヤ「ようやく、歪ながらも体の欠損を埋めることができたのに」
04:56:07
GM1
キョウヤ「誰とでもできる力を手に入れたのに」
04:56:26
GM1
キョウヤ「いやだ、いやだ、いやだあああああ!」/
04:59:43
mutsuki_5
「だから、それは全部まやかしなんです。さっきも言いましたけど、ここにいる千夏恵さんだって、女性同士でお付き合いしてるんですから……」
05:00:16
mutsuki_5
「どうして……あるがままの自分を、受け入れてあげれなかったんですか……」/
05:02:03
GM1
キョウヤ「違うんだ、俺は男として女を、そして男と愛し合いたかったんだ!」
05:02:11
GM1
では、千夏恵/
05:02:44
Chikae_5
「BでTSの人だったであってますかね?」
05:02:44
Chikae_5
バッグから虹色のリボン(レインボーフラッグ)を取り出し肩につける
05:02:44
Chikae_5
「私はLよりのBってとこでしょうか」
05:02:44
Chikae_5
「もっと人に相談しても良かったんじゃないですか?世間の風当たりは強いけど、仲間はいるんですよ」
05:02:44
Chikae_5
可能性のバッグかフラッグをだし魔力付与自分もマイノリティだとつたえる 能力4、能力1
05:02:46
Chikae_5
吸精で動きを鈍らせ視界塞ぎをできないようにする 能力2
05:02:49
Chikae_5
床に落ちたピンクのプラスチックを踏み砕いて粉砕 
05:02:51
Chikae_5
視線を合わせた状態で股間に向かってレーザー 能力4
05:02:53
Chikae_5
その他にもピンクの棒隠し持ってそうな場所に適当に打って命中させる。隠してれば運よく破壊 能力3
05:02:56
Chikae_5
「残念です」
05:02:58
Chikae_5
使用4321/
05:03:48
Chikae_5
あ、目から視線を外さずにを追加で/
05:04:38
GM1
応援は?/
05:04:48
mutsuki_5
します/
05:05:09
Couger_3
します/
05:06:49
GM1
ほい/
05:07:13
mutsuki_5
まっすぐ目を見たまま近寄り、千夏恵さんの攻撃の前にナイフで魔獣の衣服を切り裂き分解。棒状のものを隠し持ってたら全て分かり易く転げ落ちるように。そして彼女が自分の身体を直視するように。能力4/
05:08:43
Couger_3
「『千夏恵』!ここで終わらせちまえ!!あんたならやれる」残る力を使って『千夏恵』に自分の力を送り、支援する 能力4/
05:09:44
GM1
では、レザーが股間を貫いて
05:10:02
GM1
キョウヤは崩れ落ちる、
05:10:17
GM1
キョウヤ「俺は・・・、俺は・・・・・・」
05:10:28
GM1
キョウヤ「俺は男だ!」
05:10:44
GM1
そう叫びながら、その体が塵に還り
05:10:50
GM1
あとには魔玉が残った/
05:10:51
Chikae_5
「ええ、キョウヤくん あなたは男です」/
05:11:15
Chikae_5
魔玉を拾って立ち上がる
05:12:07
Chikae_5
「無差別に襲うのは論外ですが、同じマイノリティの人だとはね」
05:12:37
Chikae_5
「彼が魔獣になってしまったのが残念で仕方ないよ」/
05:13:26
mutsuki_5
「本当に……」そっと祈りを捧げながら/
05:13:58
Chikae_5
「さて、帰りましょうか」/
05:14:08 Chikae_5Chikae_2
05:14:23
Couger_3
「全く、最後まで救えない野郎だったぜ・・・」
05:14:52
mutsuki_5
「そうですね。」「……あ」
05:15:34
Couger_3
「でもよ・・・お前との喧嘩、楽しかったぜ!それはお前が何もんだろうと関係ねえよな?」/
05:15:56
mutsuki_5
「辰也さん」「ちゃんと守ってくれて、ありがとうございました」満面の笑みでお辞儀/
05:16:18
GM1
その時、エレベーターが昇ってくることに気付きます
05:16:23
GM1
05:17:10
Couger_3
「ん?」と昇ってくる事に気付いてエレベーターの方を見る/
05:17:20
Chikae_2
おなじくふりむく
05:17:21
Chikae_2
05:18:08
GM1
エレベーターが開き、里佳子がやってきます/
05:18:28
mutsuki_5
何となく察しながら結界は解除してます/
05:19:11
Chikae_2
「里佳子さん」/
05:19:17
Couger_3
「今更戻ってきてなんのつもりだ?」と冷静に聞いてみる/
05:19:42
GM1
里佳子「終わってみたいね」
05:19:52
GM1
里佳子「彼は?」/
05:20:06
mutsuki_5
里佳子さんを見てペコリとおじぎ
05:20:24
Chikae_2
「塵になったわ、ああいう力を手に入れたものはそうなってしまうの」/
05:20:30
mutsuki_5
05:21:45
Couger_3
「一応言っとくが、これからは『ダチ』は選んだ方がいいぜ」/
05:22:00
GM1
里佳子「その宝石は」魔玉を見る/
05:22:34
Chikae_2
「普通の人は触っちゃダメよ」
05:22:52
Chikae_2
「悪魔の卵みたいなものだから」
05:22:55
Chikae_2
05:24:50
GM1
里佳子「彼の形見のようだけど、もらえないのね」
05:25:47
GM1
では、辰也に近づき、びんたを放ちます。
05:26:14
GM1
05:26:20
Chikae_2
「「危険なもだから、諦めて頂戴」/
05:26:40
Chikae_2
「辰也は少し鈍いわね」/
05:27:18
Couger_3
「いってえ・・・まあ魔獣とはいえあんたの大切の奴をぶっ飛ばしちまったからな・・・」
05:28:21
Couger_3
「女心ってのはやっぱ俺にはわかんねぇや、後は任せたぜ」と言ってそこから立ち去る/
05:29:12
Chikae_2
「里佳子さんは彼が魔獣になる前から彼と知り合っていて、彼の悩みも知っていたのよね」
05:29:18
Chikae_2
05:29:29
GM1
里佳子「違うわ」
05:29:52
Chikae_2
「じゃあ魔獣としての姿で初めてあったの?」
05:29:52
GM1
里佳子「彼とあったのは、2回だけよ、この前と今日」
05:29:59
GM1
05:30:07
Chikae_2
「そっか」
05:30:43
Chikae_2
「運命が、もう少しあなた達を早く引き合わせてくれていたらね・・・・」
05:31:03
Chikae_2
「じゃあ私も行くわ」
05:31:15
Chikae_2
立ち去ります
05:31:18
Chikae_2
05:31:31
mutsuki_5
ムツキは先に苦笑して里佳子さんに一礼した後辰也さんの後を追ってます/
05:32:49
GM1
里佳子はしばらくその場にいたあと、ひっそりと戻っていった。
05:39:24
GM1
■□■退場フェイズ■□■
05:39:24
GM1
時間:30分(一人10分)
05:39:24
GM1
目的:現場から去る。
05:39:35
GM1
***シーン 辰也***
05:40:08
Couger_3
魔獣討伐から数日後―
05:40:08
Couger_3
俺は病院で腹部の傷を癒し、相棒の修理の為に大阪のとある修理屋に向かっていた。
05:40:08
Couger_3
その店の名前は『タイガーリペア』、乱巣露斗時代の12人の『マブダチ』(もっとも魔獣のせいで俺含め4人になっちまったが・・・)
05:40:08
Couger_3
獅子浪 虎太郎(シシナミ コタロウ)が経営しているバイク専門の修理屋だ。
05:40:09
Couger_3
ボロボロの相棒を見て溜息をつきつつ、
05:40:11
Couger_3
虎太郎「はあ・・・全く、てめえは後何回ぶっ壊せば気が済むんだよ!」
05:40:14
Couger_3
辰也「わりいわりい、俺の無茶苦茶な運転が原因だからよ、そんな怒んなよ」
05:40:17
Couger_3
虎太郎「亜論蛇威斗はてめえだけのもんじゃあねえ!俺が当時最新のパーツを・・・」
05:40:20
Couger_3
辰也「その話もう千回以上聞いたぜ?」
05:40:22
Couger_3
虎太郎「だったらもっと丁寧に運転しろや!」
05:40:24
Couger_3
そんな他愛ない話をして修理を終わらせると虎太郎が真面目な顔で俺に話かけて
05:40:27
Couger_3
虎太郎「なあ辰也・・・お前、うちで働かないか?」
05:40:29
Couger_3
辰也「は?どういう風の吹き回しだよ?」
05:40:31
Couger_3
虎太郎「お前もいつまでもフリーターじゃいられねえだろ?」
05:40:34
Couger_3
「だから、お前の事を心配してだな・・・」
05:40:36
Couger_3
辰也「いいよ、俺はまだこの生活に満足してるんでな」
05:40:38
Couger_3
虎太郎「今は良くてもだな・・・!」
05:40:40
Couger_3
辰也「・・・」
05:40:42
Couger_3
確かに今の俺の生活は不安定だ。
05:40:44
Couger_3
仕事もそうだが、魔獣と戦えばいつ死んでもおかしくない。
05:40:47
Couger_3
それでも―
05:40:49
Couger_3
「俺にはまだやり残したことが沢山有るからよ、それまで待ってくれねえ?」
05:40:52
Couger_3
虎太郎「はあ・・・辰也は相変わらず変わんねぇな」
05:40:54
Couger_3
辰也「お?それは褒めてんのか~?」
05:40:56
Couger_3
虎太郎「褒めてるわきゃねえだろ!このアホ龍がーー!!」
05:40:59
Couger_3
辰也「なんだと!?このバカ虎ーー!!」
05:41:01
Couger_3
そんなくだらねぇ事をやりながら俺はまた日常に帰っていく。
05:41:04
Couger_3
俺と『ダチ』の大切な物を喧嘩で守る為に―/
05:41:12 Couger_3Couger_2
05:42:28
GM1
***シーン ムツキ***
05:43:22
mutsuki_5
「今回は久しぶりに、同情しちゃう感じの相手だったなあ……」
05:44:30
mutsuki_5
「やっぱりこういう絶望の種を根こそぎ摘んでいくのが、魔獣根絶には大事」
05:45:50
mutsuki_5
と、独り言をつぶやいていたムツキだったが。最後に、空の向こうにいる誰かに向かい
05:47:16
mutsuki_5
「女心なんてこれから身体で学んでいけばいいよ。ボクだってそうやって、人の心が分かるようになって、人間になれたんだから」
05:48:42
mutsuki_5
そう、大きく叫んだ帰り道だった。/
05:49:07
GM1
***シーン 千夏恵***
05:49:30
Chikae_2
自宅に帰り
05:49:30
Chikae_2
千夏恵は美冬と一緒にお土産を食べていた
05:49:30
Chikae_2
美冬「へぇそんなことがあったの」
05:49:30
Chikae_2
千夏恵「うん」
05:49:31
Chikae_2
美冬「襲っちゃうのはダメだけどマイノリティはね」
05:49:32
Chikae_2
千夏恵「少し肩身狭いよね」
05:49:36
Chikae_2
千夏恵「でも」
05:49:38
Chikae_2
美冬「なに?」
05:49:40
Chikae_2
千夏恵「私は今とっても幸せ!」
05:49:42
Chikae_2
美冬「ふふっ私もよ」
05:49:46
Chikae_2
千夏恵「じゃあさーこの間の続きしよっか」
05:49:48
Chikae_2
美冬「ええ」
05:49:52
Chikae_2
二人は立ち上がり寝室へと入っていった/
06:02:28 Chikae_2 が切断されました:Quit: Leaving...
06:02:56 mutsuki_5 が切断されました:Quit: Leaving...
06:07:58 Couger_2 が切断されました。
06:08:23 GM1 が切断されました:Quit: Leaving...
06:31:44 kuro が切断されました:Quit: Leaving...
12:44:05 phirosuphiROM
14:04:21 masamune (masamune@KD106128010199.au-net.ne.jp) が #魔獣舞台 に参加しました。
14:06:29 masamune3 が切断されました:Ping timeout: 258 seconds
14:21:31 masamune が切断されました:Quit: Bye
表示するメッセージがありません。